2007年02月07日

退職の勧奨を受けて。

 それは、2週間前のことであった。人事部長と直属の上司に呼ばれて部長室に入った。すると、人事部長から、今の働きでは今の給料は多すぎる。退職の勧奨をするということであった。格好が悪ければ、そちらから、自己都合で退職するということにしていいということであった。君の方から退職届けを書いてくれとのことであった。私は頭の中が真っ白になり何がどうなったのか、わからなくなった。
 2、3日して労働基準局へ退職勧告のことについて、何か教えてくださいと聞きにいった。そこのおじさんは、なかなか人がよく、話をよく聞いてくれた。普通はそんな理由で解雇にできないのだが。解雇通知があれば、訴訟が出来ます。または和解する方法もあると教えてくれた。よく考えて決めようとして家に帰った。
posted by トシ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。